FC2ブログ
プロフィール

woody011

Author:woody011
白樺林の中のログハウスでカフェを営みながらスローライフを・・・。

・・・とは思ってもなかなかそうはいかない(笑)
ちょっと慌ただしいログライフを紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

ログハウスは楽し!
マシンカットログハウスの建築記とのんびりログライフを 紹介します。
■薪ストーブ修理
●薪ストーブ修理part3

薪ストーブの修理もいよいよ最終段階。
ガスケットの交換から灰の掃除、塗装までを紹介します。


フロントドアとダンパー  天板裏  掃除機ホース  ストーブ内部  
フロントドアのガスケット  天板裏のガスケットも。  掃除機に延長ホースを  二次燃焼室裏に溜まっ
交換。ガラス部分も。                    接続。             た灰を掃除。


インナートップ  天板塗装  修理完了
インナートップダンパー  天板を耐熱塗料で塗装。 ストーブポリッシュで
開閉部のガスケット。                    全体をリフレッシュ。


これで、今回の薪ストーブ修理は完了です。
試し焚きの時、塗料の煙が舞って焦りましたが心配なし。
ただ、まだ本焚きしていないのでちょっと不安?

とにかく、無事修理を終えてホッとしているところです。



スポンサーサイト
■薪ストーブがヤバい

薪スト―ブ修理 part2

前回、薪ストーブ修理の元画像が縮小できず大き過ぎたので
今回はサムネイルでアップします。(画像をクリックすると大きくなります。)

                
 ストーブ修理5   ストーブ修理   ストーブ修理2   ストーブ修理3 
こらがショッキングな     気を取り直してガスケット  道具を揃えて。       更にシッカリと綺麗に。
変形インナートップだ!   交換。サビやセメントかす
これも交換。          を削り落とす。


薪ガラス   ストーブ修理4   ストーブサイドドア   サイドドアガスケット1  
前ドアのガラスも綺麗に  ガスケットの先が解れな  ガスケットを仮置きして    少し余裕を持たせてカット。
した。上は灰受けとドア。  いようにテープで養生。  みる。


ガスケットセメント   ガスケット接着   サイドドアガスケット2   灰受けドア
これがガスケットセメント。 こんな感じで圧着させる。  サイドドア完了。テープ   灰受けドアも完了。
溝にビーズ状にポトポト                     は熱で溶けるでしょう。
落として。

次回はフロントドアなどです。


薪ストーブ修理
●薪ストーブがヤバい

ストーブ修理 
【08/29/2018】

09/14/2018
薪ストーブ修理でヤバい事になった!

インナートップ(天板の下、ストーブ本体内側のダンパーが収められているケース)
がぐんにゃりと変形!ショックで身体が震えた!
その肝心の画像がデジカメの画像サイズ設定を間違えて使用不可。残念、、、。

気を取り直して、ショップの店長に相談。

「なんとか修理できない?」 店長「無理です。」
「そこをなんとか。プレスして平らにできないの?」
店長「いや~、鋳物なんで、叩いても伸ばしても割れますよ。」
「そーだね~、鉄板じゃないからね~。交換しかないか?」 「そうですね~。」

・・・で、納得。さっそく注文。
大枚3枚とちょっと、、、これもショックだ。薪ストーブの部品はいちいち高い!
まぁ、しょうがないか、、、。取扱いが悪かったんだから。

思い当たる節はある。
今冬、薪を焚き過ぎてストーブ温度が350℃位になったことがあって、ヒヤッとしたことが。
やっぱアレだ!ダンパーを締めても火勢が治まらないのでおかしいと感じていたんですが、、、。
薪ストーブユーザーの皆さん。気をつけて下さいね~(笑)

今回に修理は、ガスケットとインナートップの交換。画像でお伝えできなくて残念ですが
無事修理が完了しました。



■薪ストーブと蕎麦
  ●蕎麦食べてストーブいじる初秋かな


秀峰庵 
【08/29/2018】

09/07/2018
北海道中央部を襲った大地震。
被災され亡くなられた方々には、お悔やみ申し上げます。

全道広範囲に蒙った停電ですが、東部オホーツク地域に住む身として
申し訳ないですが、今朝電力が回復したことは有り難いことです。

まだまだ停電のまま、不自由な生活されている方々には僭越ですが
もう少し辛抱して頑張ってください。

さて、こんな状況の中で、話題をまったく次元の違う方向に変えていい物かと思いますが
電気を使える有り難さを感じつつ、久々にブログをアップします。



少し前になりますが、娘が嫁いで住んでいる隣町へ行ってきました。
目的は、薪ストーブの修理部品を買うことと蕎麦を食べること半々。

薪ストーブショップを訪問。
前日注文していた部品を店長が持ったまま出かけてしまったとの事(笑)
ま、ショウガナイ~か?
幸い、その日の帰りに我が町を通るそうなので、届けてもらいました。

ショップで落ち合った娘と孫、カミさんと4人で蕎麦を食べに。
街外れの田んぼの中のポツンを立っている、農家の方がやっている
自家製のそば粉を使った手打ちが自慢の蕎麦屋さん。




秀峰庵蕎麦 


これは、三種類の味比べセット。
右奥から、「納豆とネギ、海苔」
手前「辛味大根おろしに蒲鉾」
左「山芋に青海苔」
手前は、ウズラと山わさび

ちょっと辛めながら、スモ―キーな鰹節の香りが鼻の奥にツンとくるつゆ。
更科系の細麺なので、スルスル(ズルズル)一気に流し込みました。美味!
また食べたいお蕎麦でした。



薪ストーブ修理 


寄り道をして帰宅後、薪ストーブの修理。
注文の部品はすでに届いていて、店長とはすれ違い。
いろいろ聞きたい事があったので残念!

今回の修理は、ガスケット(ドアなどの隙間を埋めるパッキンの様なもの)の交換。
7年使用(3年オチ中古なので合わせて10年)で初めての全面交換です。

上は、天板を外してさらにインナートップを取り外した画像で、白く縄状に見えるのがガスケット。
さてさて、このインナートップが問題で、ちょっとショッキングな展開になってきました!

つづきは次回に、、、。




■煙突掃除
●煙突掃除


煙突掃除屋根 
【07/18/2018】

07/28/2018
薪ストーブユーザー7年目にして初めての煙突掃除を
専門の業者さんにお願いしました。

雨に祟られひと月以上延期になり、ようやく作業に漕ぎ着けました。
掃除はプロの任せて、私は草刈り。


草刈り機 


マキタのマシーンをちょいと調整して、いざ草刈り。



草刈り 


店の前を半分刈ったところ。
少し蒸し暑かったので、こまめに休みながらの作業。歳よりは無理しない(笑)




煙突の煤 


7年間の煤の量。一斗缶に半分弱。
これが多いのか少ないのか?
ま、これからの目安になりそうです。



煙突掃除ストーブの煤 


煙突とストーブのジョイント部分。
こびりついた煤の塊。

初めての煙突掃除は無事終了。
吸い込みが悪くなったわけじゃないけれど
確認のためにやってよかったと思いました。