FC2ブログ
プロフィール

woody011

Author:woody011
白樺林の中のログハウスでカフェを営みながらスローライフを・・・。

・・・とは思ってもなかなかそうはいかない(笑)
ちょっと慌ただしいログライフを紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

ログハウスは楽し!
マシンカットログハウスの建築記とのんびりログライフを 紹介します。
■小屋の遣り方
●小屋の水盛りと遣り方

遣り方1 
【05/31/2015】

06/04/2015
小屋の設計図が出来上がって、いよいよ始まるんだと実感。

建物を建てるにあたって、最初のステップは基礎工事。

小さな小屋でもやっぱりちゃんとしないとね。

特に寒冷地では、土壌が表面から凍る深さを表す『凍結深度』 というのがあって

その深度以下まで基礎を埋める必要があるんです。

水が凍る時の力は凄まじいもので、どんな重い建物でも持ち上げてしまうそうです。

今回は、この地域の凍結深度の80cmまで掘ることにしました。







遣り方2 


水盛り遣り方は自分でやるつもりでしたが、ログハウス建築時にお世話になった

大工さんが 『いい機械持ってるから』 と言ってくれたので、お言葉に甘えることに(笑)

休日にも関わらず来ていただいたベテラン大工のFさん。

いつもほんとうに丁寧な仕事をしてくれます。








遣り方4 



バケツとホースを使った原始的な方法を考えていたんですが

数十万円もする 『レーザー墨だし機』 が登場し、一発で水平を出しました!









 遣り方5




後は水糸を張って終了。

普通、これが建物の中心線になりますが、今回は小さな小屋なので根太外枠の位置に。

水糸の交差部真下が基礎石の位置になるので、この後その穴を掘っていきます。

もちろん手掘りなんで、けっこう重労働になりそう、、、!(^^)!





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://woody011.blog38.fc2.com/tb.php/291-f9521038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)