FC2ブログ
プロフィール

woody011

Author:woody011
白樺林の中のログハウスでカフェを営みながらスローライフを・・・。

・・・とは思ってもなかなかそうはいかない(笑)
ちょっと慌ただしいログライフを紹介します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

ログハウスは楽し!
マシンカットログハウスの建築記とのんびりログライフを 紹介します。
■師走に思う
●師走に思うこと

カフェ外観 
【12/07/2015】

12/07/2015
師走、今年も残すところ僅かですね。

早いもので、カフェ グラスルーツはこの秋四周年を迎え、また新たな気持ちで五年目に突入しました。

ログライフにもようやく慣れて、薪のストックにも余裕ができました。

久々に我が家の写真を撮ってみましたが、夜のログハウスもなかなかいい雰囲気です。





カフェサンタ 


カフェの入り口でサンタが迎えてくれますよ~。

12月に入って、ここオホーツク東沿岸は今のところ雪が少ないです。

まぁ、厳しい冬将軍はこれからやって来ますが、、、。





カフェ店内2 



薪ストーブが赤々と燃えている店内は、すご~く暖かいですよ~。

乾いた薪がたっぷりあれば、寒い冬のログライフもなかなかハッピーですぞ。




カフェ店内 



ソファーで本を読むのもよし、酒を嗜むのもよし。

長い夜を楽しんで、北国の冬を過ごしたいものです。




小屋完成 



今年は、春から小屋作りを初めて11月にようやく完成しました。

いろいろ苦労もあったけれど、今となっては楽しい思い出です。



ここで、この小屋作りの記録として、またこれからDIYで小屋を作ってみたいと考えている方々にために

総括してみたいと思います。



先ず、気になるところだと思いますが、そうです、予算ですよね(笑)

総費用は23万円程になりました。(雑費も含む)

下に内訳を可能な限り書いてみます。



●工法=2x4工法

枠で組んだパネルを並べて箱を組むように作る工法です。

床壁ともに合板を張ってパネルを組み上げるので、安定した強度が得られます。

規格化されたツーバイ材を使い、面倒な細工などないのでDIYには向いています。



●小屋のサイズ

小屋の大きさは2,73mx2,73m。(2坪程)

使用目的は物置。




●使用資材

・基礎用沓石(羽子板付) 9個  ・基礎用砂利 2リューべ(2㎥)

・土台用SPF 2x6(12f 5本 10f 9本)

・床下地材(針葉樹合板) 12x1829x910 5枚

・壁枠、棟束、他SPF2x4(12f 6本 10f 18本 6f 17本)

・棟木、垂木、派風他SPF2x6(12f 1本 6f 18本)

・屋根野地板(針葉樹合板) 12x1820x910 8枚

・壁下地 OSB(9mm 13枚)

・屋根防水ルーフィング (1x12m 1本)

・壁用アスファルトフェルト 

・カバーボード、ドア SPF1x4(8f 11本 6f 2本)

・コーススレッド(木用ネジ) 25/38/50/65/75/90mm

・丸釘 50mm

・フロア釘 38/50mm

・塗料 バトン(グレー) 3,8ℓ 2缶 ・防腐剤 ケミソート 1缶

・蝶番 ドア用 1組(カントリータイプ) 窓用1組 ドア用スライドラッチ

・屋根材用シングルセメント

・屋根仕上げ材のアスファルトシングルは貰い物。 壁仕上げ材はログ建築時の余り材。

・他、工具・養生シート等。

以上。



・資材は地元のホームセンターでほとんど揃いました。

・小物などはネットで格安物を探すのもありです。

ただ、予め在庫の確認は要注意。入荷まで日数がかかると作業が遅れます。



総括の続きは次回。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://woody011.blog38.fc2.com/tb.php/339-a7458cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)